賃貸アパート、特にワンルームはこの時期寒いと思います。でも工夫次第で部屋を暖かくすることができますよ。

家賃が安い賃貸アパート

家賃が安い賃貸アパート

ワンルームの賃貸アパートでできる寒さ対策

家賃が安い賃貸アパート
賃貸アパート、特にワンルームに住んでいるとこの季節は室温がかなり下がって寒いのではないかと思います。ワンルームだと窓で室温がかなり下がってしまうし、家賃が安いところだと断熱対策もほとんどされていないと思います。けれどそんな中でもできる工夫は色々あります。ワンルームは狭いからこそ窓が冷えただけで室内全体が寒くなってしまいますが、一方でちょっとした工夫で部屋全体を簡単に暖めることができるのです。まずやるべきことは、窓やドアの断熱です。窓やドアが冷えれば相対的に室内の空気が冷えて、室温が下がってしまいます。

なのでまずは窓のカーテンをできれば二重にしましょう。そして玄関のドアの前にもカーテンをつければ外の寒い空気をそこそこブロックすることができます。特に床につくくらいの長さのカーテンは外の冷たい空気をかなり遮断できるので室温をあげてくれますよ。見た目を気にしないのであれば、窓にダンボールや新聞紙などを貼り付けるとより効果的に断熱をすることができます。そしてできれば自炊をしましょう。おすすめは煮込み料理です。ワンルームのアパートだと自炊をしない人も多いかもしれませんが、料理をすればその熱で室温が上がり、暖かくなりますよ!

お薦めサイト

Copyright (C)2017家賃が安い賃貸アパート.All rights reserved.