賃貸アパートから新しいアパートに引越しをする場合は、賃貸の解約手続きも考えて計画的にするようにしましょう。

家賃が安い賃貸アパート

家賃が安い賃貸アパート

計画的にアパートを探そう

家賃が安い賃貸アパート
やむをえず突発的に引越しせざるを得なくなった場合を除いて、部屋探しはなるべく2ヵ月以上前から始めるのが理想です。計画的に部屋探しをすることで、いい部屋が見つけられる可能性が高くなります。不動産屋に足を運ばなくても、ネットをこまめにチェックするだけでもいいですし、不動産屋に「こんな条件に合った物件が空いたら知らせて欲しい」とお願いしておくのもお勧めです。また、今住んでいる所が賃貸アパートの場合は、早めに解約をするという意思を大家さんや不動産屋に伝える必要があります。解約の意思を伝えるのは、遅くても1ヵ月以上前です。契約内容によっては2ヵ月以上前と定めていることもあります。

従って、引越しをする月がある程度決まっている場合は、そこから逆算して早めに手続きを済ませるのがベストです。もしも何も知らせずにいきなり引越しをすると、違約金が発生します。違約金は家賃1ヵ月分〜2ヵ月分くらい取られます。これは、うっかり通知を忘れていた場合でも、やむをえず急きょ引越しがきまった場合でも同じです。そうすると新しいアパートの家賃と一緒に旧アパートの家賃も支払わなければならない状態になります。そうした事態を避けるためにも、引越しは計画的にすることが大事なのです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017家賃が安い賃貸アパート.All rights reserved.